2011年05月10日

4-3-3

フォーメーション考察

4−3−3
4-5-3.jpg
サッカー特徴

均等に選手が配置されるのでバランスがとりやすい。
中央突破、サイドアタックともに攻めやすい。
ディフェンシブハーフが2枚であるため、相手のカウンターには比較的対応しやすい。

サッカーFW

センターフォワードはフィジカルが強い選手が望ましい。
サイドのフォワードには突破力が求められる。
(突破力=縦又は中に切り込むなど)
3トップによるフォアチェックがうまく機能すればショートカウンターを
仕掛けることがでる。
サイドのフォワードには自軍まで戻ってのハードワークが要求される為、
交代要員は必ず確保したい。



サッカーMF

オフェンシブハーフは敵からのマークを受けやすく、オフェンスの起点になるがゆえに
ハードなマークを受ける場合が非常に多いため、多少のタックルにも倒れずに、
ボールキープできるような選手が望ましい。

3人のMFによるポゼッションがチーム全体のパフォーマンスに影響する。

ディフェンシブハーフがロングボールやカウンターの起点など
オフェンスに厚みを持たせることができる。

ディフェンス時はディフェンシブハーフの効果的なプレッシング、ディレイが求められる。

ディフェンス時はあまり上がりすぎないようなポジショニングを取ることで、
相手のカウンターに十分に対応できる。

中盤でのプレッシングが人数的に不利であるため、リトリートによる後退守備を行うこと。
自陣でしっかりとディフェンスの陣形を整えてから安全にボール奪取する戦術。


サッカーDF

サイドバックはディフェンシブハーフ又はサイドのフォワードと連携して
数的有利を作ることが望ましい。

オフェンシブハーフが抑えられると、ディフェンシブハーフまたは
サイドバックがオーバーラップする必要がある。

ウィングとサイドバックが縦のラインで連携するため、サイドバックの
オーバーラップによるサイドアタックは非常に有効。
しかし、サイドバックのオーバーラップが不十分だと、オフェンス時にウィングによる突破が
苦しい状況のときに手詰まりになる。

センターハーフが上がり目のポジションのときにカウンターアタックを仕掛けられると
自陣のサイドバック、センターバックによる対応が求められ、一気に危険な局面に陥るため
センターハーフとセンターバックの間に生じるスペースをうまくケアすることが重要。
サイドバックが攻め上がっている場合も同様。

posted by なかつん at 13:36| Comment(3) | フォーメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このフォーメーションで俺の仕事場はどこになりますか??

1+1=??

監督の答えは・・・

ブラボー(オシムの口癖)

サッカーでの1+1=2.7
2人で2.7人分の仕事ができると言われています。

インテリジャンスとは考えだす力
田もブラボーです。

1と答える子供もいました。
ガムは1個食べて、もう1個口に入れたら・・・
って考え方でした。

しばらく練習も行けそうにないですが、メニューはいっぱい持ってるので教えますね!

では、今回はマリーシア(ポルトガル語)について考えましょう!!

直訳すると騙すとかって意味ですが、サッカーでは意味がちょっと違います。

さーどうでしょう!?
Posted by よーへー at 2011年05月11日 11:19
よーへーさん

あなたの仕事場は左FWと考えてますよ。
NO.6とポジション争いしてください(笑)

マリーシアは戦術とは違うけど勝つために
いろんな事をするって意味だった気がする。
Posted by 監督 at 2011年05月12日 14:43
監督〜!!

リーグ勝ってますね!
いいじゃないですか。

マリーシアは・・・
マリーシアが無いと日本人は言われています。
経験と言ったらいいでしょうか。
全てのシーンで選択肢の少なさとか、時間の使い方とか・・・全ての経験って意味になります。

サッカーしたいです。
早く行けるようにしていきます!!

またよろしくです。

No.6って誰ですか〜??
がんばってポジ獲ります。
Posted by よーへー at 2011年05月16日 14:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。